エンジンオイルを交換するならラビット秋田臨海店

みなさんこんにちはヒヤマです。

秋も後半になってきていますね。みなさんは、どこかお出かけにいきましたか?

私は釣りに行ったり、キャンプに行ったりとアウトドアを満喫しております。

先日も家族でキャンプに行きまして、とても寒かったです。焚火もしましたが、ストーブを使わないと一晩越せないと感じたキャンプでした。

どんどん冬に近づいてきているのを感じています。

整備のお話になりますが、エンジンオイルを交換するときのお話をします。

クルマには、新車時に自動車メーカーが推奨する粘度(オイルの硬さ)のエンジンオイルが入っています。

まずはそれを確認しましょう。

新車でも中古車でも、クルマに付属の取扱い説明書等で確認できます。エンジンオイルは、車種によって推奨粘度が異なり、自動車に適したオイルの粘度は車種、気温、使用条件(走り方)などによって変わります。

自動車メーカーは取扱説明書に外気温による使用粘度を表示していますから自車の使用粘度を確認し、参考にするのも一つの方法です。国産車では、最近のエコカーに代表される0W-20、0W-16を指定粘度とするお車が増えており、米国車やヨーロッパ車は0W-30、5W-30、5W-40が多く指定されています。低粘度(0W、5Wなど)ほどエンジン始動性が良く、高粘度(30、40、50など)なほど高速性能に優れています。

このようにいろいろな種類のエンジンオイルがあるので、参考までに確認してみてください。

ヒヤマ

秋田市で、スパークプラグ、イグニッションコイルを交換するならラビット秋田臨海店。

みなさんこんばんは。

整備チームの堀井です。

今回のオススメ工具はこちらです。

ストレートのロングメガネレンチになります。

双方同じサイズで、片側がラチェットになっています。

片方でゆるめて、もう片方で早回しです。

購入したのはずいぶん前ですが、

なかなか使う機会がありません。

理由はいつも自宅の小屋にしまってある為です(悲)

とりあえず今は会社に持ってきて使う機会を待っています(楽)

と、いうわけで最近気温が低くなって来たせいか、エンジン不調の整備入庫が増えてきています。

原因はスパークプラグの寿命だったり

イグニッションコイルの寿命だったり

です。

これらが壊れると、エンジンの回転数が下がったり、安定しなくなったり、パワーがなくなりスピードが出なくなります。

おそらく普通の人であれば、怖くて運転出来なくなると思います。

これらの部品は早めの交換を推奨していますが、

大体5万㎞~10万㎞走行で壊れてしまい、上記のような症状が出てきます。

そのような症状が出た時は焦らず落ち着いて、ラビット秋田臨海店までご相談下さいm(_ _)m

秋田市で、車検を取るならラビット秋田臨海店。

みなさんこんばんは。

整備チームの堀井です。

息子もあっという間に小学校4年生になりました。

そこで問題なのが夏休みの自由研究です。

今まではお店等に売っている物を組み立てたり作ったりしていたのですが、

うちの妻から禁止令が出ました⤵

なので今回は手造りです。

竿灯を上げている自分だそうです。

ゼロから作成したのですが、

なかなか上手く出来たと思います♪

と言うわけで、整備の話しになりますが、整備をしていて感じた事です。

15万㎞くらい走っているクルマの車検整備が増えてきています。

最近のクルマはよく走るようになったなぁと思っていましたが、

みなさんオイル交換、下廻りのシャーシブラック塗装をしっかりやって来ているクルマばかりです。

車検代を安くする為に、下廻りの塗装をやって来なかったクルマは、

やはり10万㎞くらいでフロアのサビ、腐食、穴、等で買い替えのケースがほとんどです。

たしかに下廻りの塗装を車検時にプラスすると、車検代は高くなってしまいますが、

長い目で見ると、やはり下廻りの塗装はオススメです。

作業する方は大変なのでやりたくはないですが(笑)

車検を考えているお客様は、ぜひラビット秋田臨海店まで♪

見積はもちろん無料です♪

 

 

 

 

 

秋田市で、車検を取るならラビット秋田臨海店。

みなさんこんにちは。

整備チームの堀井です。

息子のハミガキ粉が無くなったので、

新しいハミガキ粉を取りに洗面台の下の扉を開けてみると…

どこで買ったのでしょうか(笑)

今まで有りそうで無かった商品ですね♪

感想を聞いてみると…

ガリガリ君の味がするそうです。

そのまんまですね。

という訳で、今日は探していた新しい工具を手に入れたので、紹介したいと思います。

こちらです⤵

ロングストレートラチェットメガネレンチです。

スナップオンやKTCでも出している商品ではあるのですが、とにかく値段が高いです。

一本が一万円くらいします(悲)

使い方は、左側でボルトを緩めたり締めたり、右側の100ギアのラチェットで早回しです。

他の工具があれば間に合うので、購入にものすごく悩んでいました。

しかしこれがあると、10秒くらいは時間の短縮になります。

そんな中、セットで格安の商品を発見したので、思わず購入してしまいました♪

とは言うものの、まだ使った事はありません。

せっかく時間をお金で買ったので、

明日あたり会社に持って行き、使ってみようかと考えています。

またオススメの工具がありましたら紹介したいと思います。

 

 

秋田市で、ホイールの購入をするならラビット秋田臨海店。

みなさんおはようございます。

先日、家のトイレの便座を新しく交換するために、元栓を閉めようとしたら…

 

折れました!

そんな事からリフォームの話しが出て、現在は家を建て替える話しにまでなっている、整備チームの堀井です。

2ヶ月ほど前でしょうか。腐食の激しい19インチのホイールを見つけました。

トラフィックスターRTSです。

よく見る劣化ですね。

廃盤という事で、リペアを試みます。

まずはボルトを外して分解です。

これが大変な作業で、緩み止めが塗られている40個のボルト、ナットを手作業で外していきます。

そしてこちら、

これがヤバイです。

ホイールの塗装面に塗ると、みるみるうちに塗装が剥がれていきます。

恐ろしい光景でした。もちろん写真を撮るのを忘れるくらいです。

この溶剤が手についたらと思うとゾッとします。

全部剥がれたら塗装です。

久しぶりの塗装にしてはまぁまぁでしょうか。

乾いたら最後に緩み止めをボルトに塗って組み付け作業です。

ホイールは4つあるので40×4で160個のボルトで締め付け作業です。

休みの日や、空き時間での作業で2ヶ月かかりました。

今まで履いていたワークのマイスターはしばらくの間は冬眠です。

今までありがとう♪

ちなみに今回の作業は、本来分解しない部分を分解しているわけで、安全性の面では自己責任となります。

リム無しホイールもアリだなと思いました。

ホイールの購入をご検討の方は、是非、ラビット秋田臨海店まで♪