秋田市で新車・中古車を購入するなら、おすすめのクルマ情報が満載の販売店、ラビット秋田臨海店にお任せください。

刹那主義的四輪劇場-

第1回紹介作品「ロードレーサーズ」

 

皆さんこんにちは、整備チームの阿部です。

第1回目の紹介作品は

「ロードレーサーズ」 94年米 95分

監督ロバート・ロドリゲス 主演デヴィッド・アークエット

劇中メインカー 1956年型シボレー・ベルエア

 

そう、私が愛してやまない50Sロックンロールに彩られた

珠玉の名作です。

序盤のコミカルで笑えるシーンから

中盤のシリアスな展開へ、

そしてありえないクライマックスで度肝を抜かれるという、

まさにロックンロールの疾走感を持つ映画なのです。

主人公のデュードが駆る愛車のシボレー、

これがまた彼の人間性をそのまま生き写したかのような

暴力的で繊細な黒いコンバーチブル。

このクルマが映画のテーマを背負い、

クライマックスまで突っ走っていると私は思うのです。

 

随所から放たれるマニアックなロカビリーサウンド、

頭に塗りたくったグリースで敵を転ばせる漫画的センス、

最後の最後に回収される、笑っちゃいけない笑える伏線、

そして驚愕のラスト。

これはハッピーエンド?バッドエンド?

そのジャッジは、ぜひご覧になってから決めて下さい。

阿部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です